忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新ファームウェアにバグ発生か!? EOS 7D

 
 未だにAPS-Cの最高峯に君臨するEOS 7D。だが、そのEOS 7Dも型落ちしつつある。

 が、

 型落ちしつつあったEOS 7Dを、キヤノンはさらに進化させた!

 それが新ファームウェアバージョン2.0.0。

 しかしその新ファームウェアには、どうやらバグが紛れ込んでいるらしい。
 症状としてはこうだ。
 オートパワーオフを1分、もしくは2分ぐらいに設定しておくと、それが機能した時、カメラがフリーズするという症状。電源をオフにしても効果はないようで、勿論シャッターボタンを押してもシャッターは切れない。
 このフリーズ状態から脱するには、一度バッテリーを抜くしか方法はないようだ。
 詳しいことはこのURLで。

ファームウエア2.0の不具合か?

 この症状、再現しようと思えばできるらしい、が、管理人は怖いので実証してみる気はない。もしもそのバグが重大で、カメラに何か致命傷的なものを与えてしまうのが怖いからだ。
 このバグは、オートパワーオフをオフにしていれば大丈夫らしい。自分は確か8分か10分に設定していたと思う。だからこの設定をオフにしておこうと思う。

 しかし何故このような症状が出てしまったのだろうか?
 ここからは管理人の単なる憶測です。あくまで個人的な意見なので、信用しないように。

 どうしてこうなったか。
 型落ち気味だったEOS 7D。
 だがファームアップによって7Dは、連続連写枚数の向上、カメラ内RAW現像等々、機能の増強、新機能の搭載により進化した。
 ただし、進化したのはソフト面のみ。
 ハード面は勿論そのままだ。
 デジタル機器の移り変わりは速い。
 EOS 7Dは約3年前に登場した。しかしデジタル機器にとって、この3年間というのはあまりにもブランクが大きすぎるのだ。
 新しく追加された新機能、または機能の増強が、もしかしたら7Dの内部基盤を処理落ちさせているのかもしれない。
 つまり、7Dに今のファームウェアでは重いのでは?というのが管理人の意見。

 勿論ファームウェアを改善すれば、この症状はなくなるとは思う。だが機能の増強、追加をしたことで、これまでよりも内部基盤の負荷は増しているはず。
 果たしてどうなるのだろうか?
 時期ファームウェアは、順当にいけば2.0.1だろう。(……多分)
 それまで気長に待ってみようと思う。次のファームウェアが楽しみだ。


 

 この記事書くのに2回ぐらい記事が吹っ飛んだ…。何故だろう……?
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Twitterもよろしく!

広告

プロフィール

HN:
Y.O.Yucky
性別:
男性
職業:
大学生
趣味:
カメラ、写真
自己紹介:
Canon EOS 7D,Canon EOS Kiss,Canon PowerShot A700が、今現在使用中のカメラ。キヤノンユーザー。
カメラ以外にも趣味たくさんあるんですよ、はい。
まあ、要するに ア・レ ですよ。

最新コメント

[05/19 Y.O.Yucky]
[05/19 mk]
[04/10 Y.O.Yucky]
[04/05 フィルムマン]
[03/06 Y.O.Yucky]

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R

フリーエリア


ジオターゲティング

アクセス解析

カウンター